HTC Desire 日本語入力編


DesireにはデフォルトでiWnnがインストールされています。
しかし、フリック入力に対応してないのでフリック入力に対応しているOpenWnnを使うことにしました。

フリック入力に対応したOpenWnnはマーケットからインストールすることができます。
実際に使用するためには、適当なテキストボックスを長押ししてメニューから入力方法を押します。
そこからOpenWnnフリック対応を選ぶと以降は日本語入力にOpenWnnを使うようになります。

私はフリック入力しながらトグル入力(キーを何度も押し下げて入力する方法)を使ったり、アルファベット入力のときはqwertyかよかったりするので、その辺を設定しました。

設定→言語とキーボードのテキスト設定からOpenWnnの設定を開きます。
まず、トグル入力機能を押して「フリック/トグル併用」を選びます。
これで、フリック入力でもトグル入力でもどちらでも入力することができるようになります。

アルファベット入力時だけqwerty入力にするには同じくOpenWnnの設定から「英字QWERTYキーボード」から「常に自動切換」を選択することで設定できます。

これで、だいぶ快適に入力できるようになりました。
日本語入力はなんだかんだで一番使う機能なので携帯全体の使い勝手を大きく左右すると思います。

…この記事、全部Desireから書いたのですが、なぜか単調な文になりますね。

You may also like...