HTC Desire 開封編


発売日直前に予約したせいで、ようやくHTC Desire手に入れました!

今持っているiPhoneとどうやって共存するかが大きな課題でしたが、結果としては2台持ちすることにしました。
理由は毎月の維持費が非常に小さく抑えられることと、DesireがMMSに対応するまでi.softbank.jpのアドレスを使い続けられることが大きかったです。

まず、維持費ですか私の場合はiPhoneを一括購入したので毎月の月々割が毎月1200円くらいあります。
そのため、iPhoneでパケット通信を使わなければ
 ホワイトプラン 934円
 パケット定額 1029円
 S!ベーシックパック 300円
 ユニバーサルサービス料 8円
月々割 −1260円
合計 1011円
でiPhoneをそのまま契約しておくことができます。
来年の三月までは解約すると1万円近くかかることを考えるとそれほど高いものではないと思います、

さらに、iPhoneの契約をそのままにしておけばi.softbank.jpのアドレスをIMAP経由でDesireから使用することができます。
MMSに対応するまではこの方法にしておけばアドレス変更を知らせることなくそのまま使用できます。

実質、毎月iPhoneに払うお金はこのアドレスの価値になると思います。
私はこれを払って両方契約しておくことがベターだと判断しました。

さて、前置きが長くなりましたが…。

契約には思った以上に時間がかかりました。
お店の人いわく、Desireは時間がかかるんだそうで。
でも書類提出後1時間はちょっとかかりすぎな気がしました。

さっそく開封、というか店で開けられてたのでずっと使って帰ってきました。

IMG_00131


そしてiPhoneと並べてみました。

IMG_0007



サイズ的にはiPhoneよりちょっと厚さがある印象です。

もともと2GBのmicroSDが入っていましたが(同梱されてたものだと思いますが、お店の人が入れてくれたようです)、16GBのものを買ってきたので交換しました。
microSDカードはバッテリの下あたりに入れる場所があるので、ひとまずバッテリをはずしました。

IMG_0018



バッテリの下にあるやつで左がmicroSD、右がSIMカードです。
SIMカードはやはり銀SIMでした。

その後電源をつけてみるとSoftbankのロゴが表示され、HTCのロゴが表示されたあとに起動しました。
よくエミュレーターとかで見るAndroidのロゴは表示されませんでした。

ひとまず、最初にブラウザを立ち上げてFlashを使用しているページを見てみました。
同じFlashでもバージョンによって見れないサイトがあるとは聞いていたので、全部見れるとは思ってなかったのですが、どうやらサイズが大きいFlashも見るのは難しいように見えました。

ちなみに↓はみのりんのブログ。
ヘッダ部分は画像に見えますが、実はFlashです。
ご覧のとおりきちんと表示されています。

IMG_0029


あとは日本語入力のためにフリックに対応したOpenWnnを入れました。
iPhoneだとフリック入力しつつ、通常の入力(ボタンを何回も押して入力する方法)というのができるんですが、OpenWnnはできないように見受けられます。
私はフリックと通常入力を併用してきたタイプなので慣れるまで時間がかかりそうです。

ひとまず、あとは徐々に使って行きたいと思います。

あわせて読みたい